スキーブログ 2016-17 2nd & 3rd Run at Naeba

2016年12月29日〜30日

場所:苗場スキー場(新潟)

天気:雪

雪質:パウダー

積雪:80cm

ゲレンデコンディション:良好

同行人:妻(スノーボーダー)

移動手段:車(Fit 2駆)

所要時間:4時間30分(金沢〜越後湯沢〜苗場)

リフト待ち時間:約10分

 

雪は十分に降ったようだぜ。苗場。

やっぱり新潟だ。石川県のスキー場なんて未だに雪不足でオープンさえしていないのに。暖冬はかつての雪国から順に明確に姿を現し始めているのかな。

f:id:inoueben:20161230211256j:plain

 

 それにしてもスキーをやっていると時間の概念つうか、時間の捉え方がむずかしい。

リフト1本乗る労力に対して滑り去る一瞬の時間。リフト券は高いし、リフトの運行時間は案外短かったり、そんなだから、元を取るなんて考えがついつい浮かんでしまう。スノーボーダーの奥さんがリフトを降りてから座ったりバックル締めてたりするのを待っていると、焦燥感が背中を押す押す。その押しようったら半端ない。ごめんよ、奥さん。

 

そんなこんなで気づけば夕方4時を過ぎ、吹雪に心底凍えた奥さんはリタイア、僕は基礎練と自称してひとりリフトに乗り込んで、美しくもキレのあるターンを完成させることに邁進するのであった。

 

イメージがある。その滑りに近づきたい。20ターンもすればすぐにリフト乗り場へ着いてしまう。あと何回滑れば理想の滑りは手に入るだろうか。

 

いくつかいいターンがあった。苦手な左足加重のターンのいくつかに手ごたえを感じ、なんとなく今日の成果と呼べそうなものを得た時点で、あと1本だけ滑ろうかなと思って欲を出したせいで最後の滑りはひどく不満が残るものに。

 

スキー、というか、あらゆるスポーツには哲学がある。学ぶことは多い。アマチュアだけど、学んでるんだからそれってすごくいいことだ。金はかかるが。はあため息。

 

次の予定は未定!

 

f:id:inoueben:20161230213906p:plain

ここからリフトまでわずか1分。

 

f:id:inoueben:20161230214029j:plain

 セルフィー?

 

f:id:inoueben:20161230214559j:plain

サンシャイン苗場といういかした宿にはこたつが。

この宿の前の急斜面雪道をフィットで上れなくて恥をかいたぜ。